2013年02月28日 (木) | 編集 |
おはようございます

今日は雲ひとつないきれいな青空の仙台です。
気温も10℃近くまで上がるらしいので
普段できない大物の洗濯をしたりしてます。

明日にはまた冬らしい天気に逆戻り。

うちの外猫たちも朝のご挨拶にきましたよ♪





DSC_2397-2.jpg

チャコちゃん、おはよ!

ついさっき、マリアンヌちゃんも来たんだよ。
物陰からいなくなったの確認して来たの?



DSC_2401-1.jpg

今日はお散歩日和だね♪

気をつけていってらっしゃい( ´∀`)/~~




おうちの中も二間続きにしても暖かい(^o^)v

開放的になると
うちの息子たちも大喜びです♪





DSC_2397-1.jpg


明方ハムって美味しいのよね~~~

あ~ 名古屋に遊びに行きたいなぁ~

昔、とーちゃんと船で名古屋に行ったことあるんだけど
すっごく楽しかったんだよね。

食べ物もどえりゃー上手くてさ。




DSC_2406-1.jpg


あ、、、画面が渋いのはスルーでwww


いっちゃん、ほんと上手に乗るわねぇ。

リルがここに乗ったことは一度もないし
この先も絶対にないだろうね( ̄ー ̄)




DSC_2412-1.jpg


まぁまぁ、こんなほっそい所にほんとよく乗るわねぇ。





なんか……なんか……嫌なこと思い出したわ。



ウ~~~~~~~ン ウ~~~~~~ン(-""-;)





私、実はこう見えて絶叫マシンが苦手です。
(こう見えてって実物の私を知るのは、のりちゃんだけ)


小学生の頃とか、何回も連続で乗ったり
中学生の遠足で富士急ハイランドに行ったときはワクワクしたけど
そんなこたぁ、昔の話さぁ。




みなさん、大人になってから
絶叫マシンって乗ったことありますか?




数年前、、10年前くらいになるのかな?
とーちゃんと、避暑地でも有名なT県N市の遊園地に行きました。


絶叫マシンって言われるのは
ほとんど目をつぶっていて
乗った意味もなく終わったんだけど。



園内を周遊するゴーカートみたいなのって、よくあるでしょ?

2階くらいの高さにレールが敷いてあって
ゆーっくり回る、あれ。

うちの地元にも、あるんだけど
まぁ、だいたい普通は二人乗りで
レールの幅もカートと同じくらいですよね。
下に落下防止の柵があったりもする。



でもね、そこのはね
高さは7、8メートルくらいだったかな?
もちろん二人乗りで
自分でペダルを踏んで進む、ごくごく普通のもの。


か、しかし!
レールが半端なく細いの! 細すぎるの~~~~(ToT)


カートの幅、1.5メートルに対して
レールの幅は、20センチ!!!

しかも、真ん中に1本だけ!!!



あ、いや
寸法は正確に測ったわけじゃないから私の目感だけどさ。

でも、ほっそーいレールの上をおっきな車体で
しかも、落下防止の柵もない高いところを
ぐるぐると周遊するわけよっ!!!



体重差何10キロもある男女が乗ってみ?

はっきり言って、とーちゃん側に傾いてたね。
やばかったね。


ふたりでガタガタ震えながら
ちょっとずつちょっとずつ進むんだけどさ

後ろからほんとの状況がどーゆーものか掴めていない
カップルがキャッキャ言いながら
猛スピードで進んでくるわけよっ!!!





ブルブルブルブル(回想)





それから、私は絶叫マシンが大嫌いになりました。





DSC_2413-1.jpg


あ、いっちゃん、何か見つけた?




DSC_2414-1.jpg


リルもほんと狭くて暗いとこ好きねぇ。。。




あ、、、また、、嫌なこと、を、、、、、、 (/ー ̄;)





私、鍾乳洞も大嫌いです!

まぁ、大好きです♪って人も聞いたことないが。



あれも数年前。
I県にとーちゃんと行ったときのこと…。



そんな私も
後にも先にも鍾乳洞に入ったのは1回きり。

その1回がめちゃめちゃ怖かったの~~~~~~~~( ;∀;)


鍾乳洞ってさ、ご存知のとおり
のどち♂こみたいのがブラブラ下がってて
ヌメヌメした石の中を進んで行くと
池みたいのが現れたりして…

自然の摩訶不思議を感じるわぁって人もいるよね。
私は、そーゆー人は
鍾乳洞のほんとの恐ろしさを知らないんだと思うわっっっ。



そこはね、入り口に地元のおばちゃんが一人立ってるの。

んで、「いってらっしゃ~い」って見送られて出発するんだけど。





行きはヨイヨイ♪ 帰りはコワイ(ToT)





行ったことある人ならわかると思うんだけど
行けども行けども同じ景色で
「あ、あれ?こ、ここさっきも通ったじゃんっっっ!」ってなるの。

もちろん、←とか→とか、道案内が出ていて
同じところを通ってるわけじゃないんだけろうけど
鍾乳洞のプロじゃないんだから、わかるわきゃない。



前も後ろも、ヌメヌメしたのどち♂こばかりよっっっ!!!



ついには、このまま堂々巡りをして
一生ここから出られないんじゃないかという恐怖に陥り…。

だってさ!
万がいつ、自分に何か起こって
でも入り口のおばちゃんがそれを忘れて帰ったりしちゃったら
完全アウト!だよね。

出口におばちゃんがいて「おかえり♪」なんて言われても
全然笑えない。
私、あなたたちのこと、信用してませんからっっ!




私がこんなにも鍾乳洞を怖がるのにはもうひとつ理由が。
それは昔読んだ、江戸川乱歩の本にもある。


やはり主人公がヌメヌメした密室で堂々巡りするのだ。


小説だから、頭の中で想像するでしょ?
乱歩の世界って独特じゃない?
時代背景も今とは違ったりするし。

そのイメージと実際の鍾乳洞がリンクして
ダブルパンチで鍾乳洞が怖くなりました。



自然の不思議を感じたいなら
私は海とか山とか
開放的なところに行きたいと思います!( ̄ー ̄ゞ-☆

鍾乳洞はね、、今も行ったら怖いのか
ちょっと確かめたい気持ちもある(笑)




もし、興味のある方は一度足を運んでみてくださいね♪




人間も猫もひとつやふたつ苦手なもの、あるよね。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/02/28(木) 17:49:28 | | #[ 編集]
私も絶叫マシンは苦手・・・
ディズ●ーランドのスペースマウンテンに乗って
救護室に運ばれたほど(--;)
しかも高所恐怖症だからたちが悪い(笑)
絶叫系で楽しいって思える人に生まれたかった・・・

鍾乳洞は興味があるけれど
行ったことがないんですよね~。
神秘的なイメージだけど
ぬめぬめしてるの??
2013/02/28(木) 18:48:41 | URL | あんずミャミャ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/03/01(金) 04:39:05 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック